論文・発表

平成22年度

[原著論文] [総説] [国際会議] [国内発表]

[原著論文](14件)

Makoto Sakai, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda,  Acoustic feature transformation based on discriminant analysis preserving local structure for speech recognition, IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol. E93-D, Vol.E93-D, No.5, pp1244-1252, May. 2010(DOI: 10.1587/transinf.E93.D.1244)

K. Doman, D. Deguchi, T. Takahashi, Y. Mekada, I. Ide, H. Murase, Yukimasa Tamatsu, "Estimation of traffic sign visibility toward smart driver assistance," Proceedings of 2010 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV 2010), pp.45-50, San Diego, U.S.A., June 2010(DOI: 10.1109/IVS.2010.5548137)

Masashi Naito, Chiyomi Miyajima, Takanori Nishino, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, A Browsing and Retrieval System for Driving Data, 2010 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV2010), pp.1159-1165, San Diego, U.S.A., June 2010 (DOI:10.1109/IVS.2010.5547999)

H. Uchiyama, D. Deguchi, T. Takahashi, I. Ide, H. Murase, "Removal of moving objects from a street-view image by fusing multiple image sequences," Proceedings of 20th International Conference on Pattern Recognition, ThAT8.9, pp.3456-3459, August 2010(DOI: 10.1109/ICPR.2010.844)

Koji Mikami, Hiroyuki Okuda, Shun Taguchi, Yuichi Tazaki, Tatsuya Suzuki, Model Predictive Assisting Control of Vehicle Following Task Based on Driver Model、2010 IEEE International Conference on Control Applications (CCA), pp.890-895, Yokohama, Japan Sep. 2010 (DOI: 10.1109/CCA.2010.5611209)
運転者の行動モデルを組み込んだ車両制御系を構成し、運転者の負荷と車両制御とを混合した評価関数を用いて、系全体を最適化する枠組みを提案した。ドライビングシミュレータを用いてその枠組みを模擬的に動作させ、その特性を明らかにした。

Ryota Terada, Hiroyuki Okuda, Tatsuya Suzuki, Kazuyoshi Isaji, Naohiko Tsuru, Multi-Scale Driving Behavior Modeling Using Hierarchical PWARX Model, 13th International IEEE Annual Conference on Intelligent Transportation Systems, Portugal, 19-22 Sep. 2010 (DOI: 10.1109/ITSC.2010.5625154)

尾崎晃、宮島千代美、西野隆典、北岡教英、武田一哉、自動車運転のマルチモーダル信号収録装置の開発、 電子情報通信学会誌、 Vol. J93-D、 No.10, pp. 2118-2128、 Oct. 2010.

内山寛之、出口大輔、高橋友和、井手一郎、村瀬 洋、"拡張DPマッチングを用いた視野角の異なるカメラ映像間の時空間対応付けによる自車位置推定、" 電子情報通信学会論文誌(D)、 vol.J93-D、 no.12、 pp.2654-2665、Dec. 2010

Lucas Malta, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, Analysis of real-world driver's frustration, IEEE Trans. on Intelligent Transportation Systems, vol.12, no.1, pp.109-118, Mar. 2011. (DOI: doi:10.1109/TITS.2010.2070839) 

Nobuo Kawaguchi, Nobuhiro Ogawa, Yohei Iwasaki, Katsuhiko Kaji, Tsutomu Terada, Kazuya Murao, Sozo Inoue, Yoshihiro Kawahara, Yasuyuki Sumi, Nobuhiko Nishio, "HASC Challenge: Gathering Large Scale Human Activity Corpus for the Real-World Activity Understandings", Proceedings of the 2nd Augmented Human International Conference (AH2011), Article 27, 5 pages, Makuhari, Japan, Mar. 2011
(DOI: =10.1145/1959826.1959853)

Chiyomi Miyajima, Hiroki Ukai, Atsumi Naito, Hideomi Amata, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, "Driver risk evaluation based on acceleration deceleration and steering behavior," 2011 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2011), (poster), Prague, Czech Republic, May 22-27 (May 27), 2011.

Pongtep Angkititrakul, Chiyomi Miyajima, Kazuya Takeda, Modeling and Adaptation of Stochastic Driver-Behavior Model with Application to Car Following, 2011 IEEE Intelligent Vehicles Symposium (IV 2011), Barden-Barden, Germany., June 6-9, 2011

Maehigashi, A., Miwa, K., Terai, H., Kojima, K., Morita, J., and Hayashi, Y., "Experimental Investigation of Misuse and Disuse in Using Automation System," Proceedings of HCI International 2011, Florida, USA, July, 9-14, 2011

Maehigashi, A., Miwa, K., Terai, H., Kojima, A., & Morita, J., "Selection Strategy of Effort Control: Allocation of Function to Manual Operator or Automation System," Proceedings of 33th annual meeting of the cognitive science society (CogSci 2011), Boston, Massachusetts, July 20-23, 2011

[総説・書籍](6件)

河口信夫、大規模データベースと装着型センサで人間行動を理解する、情報処理、Vol.52, No.1、pp.32-36 (2010).

河口信夫、武田一哉、人間行動理解のための信号処理、電子情報通信学会誌、Vol.93, No.12、pp.1060-1062 (2010).

宮島千代美、武田一哉、行動信号処理の現状と展望(「『運転行動信号処理』特集号」 展望)、システム/制御/情報、Vol. 55、 No. 1、 pp. 2-7 (2011)

宮島千代美、 武田一哉、運転行動データベースの構築とその応用(「『運転行動信号処理』特集号」解説)、システム/制御/情報、Vol. 55、 No. 1、 pp. 20-25 (2011)

Lucas Malta, Akira Ozaki, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda,Use of On-Road Data in Evaluating Driver Performance Metrics, Chapter 9 of Performance Metrics for Assessing Driver Distraction: The Quest for Improved Road Safety (Gary Rupp eds.), SAE International, pp83-91 (2010)

Satoshi Tamura and Chiyomi Miyajima, Multimodal Speech Corpora for Robust Japanese Speech Recognition in Noisy Environments, Computer Processing of Asian Spoken Languages, S. Itahashi and C.Y. Tseng eds., (Book Section) Sect.4.10, Japanese Writer's House, Apr. 2010

[国際会議](17件)

Kazuya Takeda, Driving behavior signal processing based on a large real driving corpus of multiple sensor signals., Invited Speech, IEEE Intelligent Vehicle Symposium, Special Session: Human-Centered Intelligent Vehicles: Multidisciplinary Perspectives San Diego CA, June 21, 2010

Kenji Mase, Ubiquitous Experience Media, UIC2010, Xi'an, China, Keynote Speech, Oct. 28, 2010

Kenji Mase, Ubiquitous Experience Media, Person Oriented Vision (POV2011, Hawaii, USA, Keynote Speech, Jan. 7, 2011

Nobuo Kawaguchi, HASC2010corpus : Human Activity Corpus for Real-World Human Behavioral Study, DFG Symposium, Tokyo, Mar. 8, 2011

Nobuhiro Ogawa, Katsuhiko Kaji, Nobuo Kawaguchi, "Effects on Number of Subjects on Activity Recognition - Findings from HASC2010corpus -", Adjunct Proceedings of Pervasive 2011 (in press).

M. Noda, T. Takahashi, D. Deguchi, I. Ide, H. Murase, Y. Kojima, T. Naito, "Vehicle ego-localization by matching in-vehicle camera images to an aerial image," ACCV2010 Workshop on Computer Vision in Vehicle Technology: From Earth to Mars, Queenstown, New Zealand, Nov. 2010.

D. Deguchi, K. Doman, I. Ide, H. Murase, "Improvement of a traffic sign detector by retrospective gathering of training samples from in-vehicle camera image sequences," ACCV2010 Workshop on Computer Vision in Vehicle Technology: From Earth to Mars, Queenstown, New Zealand, Nov. 2010.

Hiroaki Ishikawa, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, "Detection of distracted driving using a Bayesian network," 2010 Fifth International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC 2010), pp.627-633, ICICIC2010-452, (aural), Xian, China, Dec., 2010.

Yuichi Kuroyanagi, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, "Analysis and detection of potentially hazardous situations in real-world driving," 2010 Fifth International Conference on Innovative Computing, Information and Control (ICICIC 2010), pp.621-626, ICICIC2010-451, (aural), Xian, China, Dec. 20-22, 2010.

Satoshi Tamura, Chiyomi Miyajima, Norihide Kitaoka, Takeshi Yamada, Satoru Tsuge, Tetsuya Takiguchi, Kazumasa Yamamoto, Takanobu Nishiura, Masato Nakayama, Yuki Denda, Masakiyo Fujimoto, Shigeki Matsuda, Tetsuji Ogawa, Shingo Kuroiwa, Kazuya Takeda, and Satoshi Nakamura, "CENSREC-1-AV: An audio-visual corpus for noisy bimodal speech recognition," 2010 International Conference on Auditory and Visual Speech Processing (AVSP 2010), Hakone, Japan, Sept.-Oct. 2010.

Morita, J., Miwa, K., Maehigashi, A., Terai, H., Kojima, K., and Ritter, F., Modeling Human-Automation Interaction in a Unified Cognitive Architecture., 20th Behavior Representation in Modeling & Simulation (BRIMS) Conference. (pp.148-153), Utah, USA, March 21-24, 2011

Sunao Hara, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, Estimation method of user satisfaction using N-gram-based dialog history model for spoken dialog system, LREC2010, pp. 78-83, Republic of Marta, May 17-23, 2010

H. Uchiyama, D. Deguchi, T. Takahashi, I. Ide, H. Murase, "Removal of moving objects from a street-view image by fusing multiple image sequences," International Conference on Pattern Recognition, Istanbul, Turkey, Aug. 2010.(DOI: 10.1109/ICPR.2010.844)

Yasuko Morimoto, Takanori Nishino, and Kazuya Takeda, Visualization and dereverberation of head-related transfer function based on spatio-temporal frequency analysis, Proc. of 20th International Congress on Acoustics (ICA2010), (CD-ROM), Sydney, Australia, Aug. 25, 2010.

Tatsuya Kako, Yasunori Ohishi, Hirokazu Kameoka, Kunio Kashino, Kazuya Takeda, Automatic Identification for Singing Style based on Sung Melodic Contour Characterized in Phase Plane, International Conference on Music Information Retrieval (ISMIR 2009), pp.393-397, Kobe, Japan, Oct. 2010.

Arata Ito, Sunao Hara, Norihide Kitaoka, and Kazuya Takeda, Rapid acoustic model adaptation using inverse MLLR-based feature generation, Proc. of 20th International Congress of Acoustics (ICA2010), pp. 942-947, Sydney, Australia, Aug. 2010.

Sunao Hara, Norihide Kitaoka, Kazuya Takeda, Automatic detection of task-uncompleted dialog for spoken dialog system based on dialog act N-gram, Proc. of INTERSPEECH 2010, pp.3034-3037, Makuhari, Japan, Sep. 2010

[国内発表](48件)

河口信夫、人間行動理解のための装着型センサによる大規模データベース構築にむけて、情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム、岐阜郡上、2010/07/07

河口信夫、人間行動理解のためのセンサ信号データベースとユーザ状況データ収集、CKPセミナー、大阪堂島、2011/03/18

武田一哉、マルチメディア信号による運転行動の記録と分析、自動車技術会アクティブセイフティ部門委員会、東京市ヶ谷、2011/05/31

小川延宏、梶克彦、河口信夫、人間行動理解のための加速度信号処理とその応用、情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム、高山、pp.516-523、2010/07/07

永井 有希、 丸谷 宜史、 梶田 将司、 間瀬 健二、 "視聴者の関心を考慮したQuality-of-Viewに基づく多視点画像の評価"、電子情報通信学会技術研究報告. PRMU、 パターン認識・メディア理解、埼玉大学、埼玉県さいたま市、2011.2.

永井 有希、 丸谷 宜史、 梶田 将司、 間瀬 健二、 "プレーに着目したスポーツ多視点映像の評価尺度"、情報処理学会技術研究報告.EC,エンターテイメントコンピューティング、慶応大学、神奈川県横浜市、2011.3.

丹羽 宏介、 東海 彰吾、 川本 哲也、 藤井 俊彰、 丸谷 宜史、 梶田 将司、 間瀬 健二、 "多視点映像視聴支援の為のソーシャルな視聴履歴の利用"、情報処理学会技術研究報告. EC、 エンターテイメントコンピューティング、 慶応大学、 神奈川県横浜市、 2011.3.

白砂光教、出口大輔、井手一郎、村瀬洋、"誤検出特性を利用した非標識画像の自動収集による標識検出器の構築、" 電子情報通信学会総合大会,東京都市大学(東京都)、2011年3月

吉田英史、出口大輔、井手一郎、村瀬洋、後藤邦博、木村好克、内藤貴志、"姿勢変化に頑健な生成型学習法による歩行者検出、"電子情報通信学会総合大会、東京都市大学(東京都)、2011年3月

若山雅史、道満恵介、出口大輔、井手一郎、村瀬洋、玉津幸政、"局所的特徴と大局的特徴の統合に基づく歩行者の視認性定量化、" 電子情報通信学会パターン認識とメディア理解研究会、立命館大学(滋賀県)、2011年1月

道満恵介、出口大輔、高橋友和、目加田慶人、井手一郎、村瀬洋、玉津幸政、"複数の画像特徴の統合による道路標識の視認性推定手法~車載カメラ画像への適用と評価~、" 電子情報通信学会ITS研究会、電気学会本部(東京都)、2010年9月

道満恵介、出口大輔、高橋友和、目加田慶人、井手一郎、村瀬洋、玉津幸政、"実環境下における道路標識の視認性推定に関する実験的検討、"電気関係学会東海支部連合大会、 中部大学(愛知県)、2010年8月

若山雅史、道満恵介、出口大輔、井手一郎、村瀬 洋、玉津幸政、"物体の顕著度を考慮した歩行者の視認性定量化、"電気関係学会東海支部連合大会、 中部大学(愛知県)、2010年8月

内山寛之、出口大輔、高橋友和、井手一郎、村瀬洋、"車載カメラ映像中からの移動物体除去を目的とした複数映像統合手法の比較検討、"電気関係学会東海支部連合大会、 中部大学(愛知県)、2010年8月

久徳遙矢、出口大輔、高橋友和、目加田慶人、井手一郎、村瀬洋、"過去の車載カメラ映像との差分による道路上の不特定障害物検出、" 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)、釧路市観光国際交流センター(北海道)、 2010年7月

奥田 裕之、鈴木 達也、ハイブリッドシステムとして捉える人間行動モデル、計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2010、2G4-2、京都、2010年11月24-26日【優秀論文賞受賞】

伊神 範光、鈴木達也、田崎勇一、奥田裕之、第48回離散事象システム研究会講演論文集、pp. 13-18、名古屋、2010

松島 寛樹、奥田 裕之、鈴木 達也、確率重みを持つ複数ARXモデルによる運転行動のモデル化と注意力散漫状態の推定、計測自動制御学会第11回制御部門大会、16334、沖縄、2011年3月16-18日

前東晃礼・三輪和久・寺井仁・小島一晃・森田純哉・林勇吾、自動化システムの利用におけるMisuse/Disuseの実験的検討、情報処理学会研究報告,2011-HCI-141(6)、 1-8、大阪、2011年1月21日

釜野 晃、鷲尾 信之、原田 将治、松尾 直司、非言語情報を基にした心理的抑圧検出の検討、PRMU SP WIT、信学技報、 vol. 110、 no. 220、 SP2010-64、 pp. 107-110、 2010年10月、幕張メッセ、2010年10月08-09日

江崎知、 小笠原基、 丹羽健太、 西野隆典、 武田一哉、 両耳平均HRTFによる上昇角知覚、 平成22年度電気関係学会東海支部連合大会C1-3、 中部大学、2010年8月30日

小笠原基、 西野隆典、 武田一哉、 正十二面体マイクロホンアレイを用いた実環境における音源信号分離の検討、 電子情報通信学会技術報告[応用音響]、 EA2010-12、110(54)、 pp67-72、 兵庫、 2010年5月27日

近藤多伸、 高橋祐、 橋本誠一、 西野隆典、 武田一哉、 代替分離行列出力に基づく瞬時ソフトマスクを用いた低演算量ブラインド音源分離、 電子情報通信学会技術報告[応用音響]、 EA2010-126、 pp1-6、 愛知、 2011年3月18日

江崎知、 水野雄介、 西野隆典、 宮島千代美、 北岡教英、 武田一哉、 ICA仮想音源の空間分布を用いた室内音場の解析、 電子情報通信学会技術報告[応用音響]、 EA2010-133、 pp35-40、 愛知、 2011年3月18日

川渕将太、 武田一哉、  NMF を利用した楽曲間類似尺度の構成方法に関する検討、 日本音響学会、 東京・早稲田大学、 2011年3月9日

耒見田 健二、 畔柳 雄一、 宮島 千代美、 北岡 教英、 武田 一哉、 過去の走行データに基づく運転診断/教示システムの構築、  電子情報通信学会技術報告、 vol.110、 no.381、 pp.87-92、 (PRMU2010-163)、 滋賀・立命館大学、 2011年1月20日

畔柳 雄一、 宮島 千代美、 北岡 教英、 武田 一哉、 実環境運転データにおける潜在危険状況の分析、 2010年電気関係学会東海支部連合大会、 CD-ROM Proceedings、 中部大学 (春日井市)、 2010年8月31日

石川 博章、 宮島 千代美、 北岡 教英、 武田 一哉、 ベイジアンネットワークを用いた運転中の2次タスク有無の推定、  2010年電気関係学会東海支部連合大会、 CD-ROM Proceedings、 中部大学 (春日井市)、 2010年8月31日

矢澤大心、 西崎博光、 関口芳廣、 北岡教英、  潜在的意味解析を用いた車内発話の話題推定に基づく目的地提案、 情報処理学会第73回全国大会、 東京・東京工業大学, 2011年3月8日

伊藤新、 原直、 北岡教英、 武田一哉、 MLLR変換行列により制約された音響特徴量生成による頑健な音響モデル、 電子情報通信学会技術報告(音声言語シンポジウム)、 SP2010-92、 NLC2010-19、 pp. 55-60、 東京・国立オリンピック記念青少年総合センター、 2010年12月20-21日

大橋宏正、 原直、 北岡教英、 武田一哉、  雑談音声の常時認識による楽曲提案システム、  電子情報通信学会技術報告、 SP、PRMU、WIT pp. 59-64、 幕張メッセ、 2010年10月8-9日

野田雅文、高橋友和、出口大輔、井手一郎、村瀬洋、小島祥子、内藤貴志、"自車位置推定のための空撮画像と車載カメラ画像の照合手法の検討、" ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW)、パシフィコ横浜(神奈川県)、 2010年12月

出口大輔、道満恵介、井手一郎、村瀬洋、"多数の色特徴を組み合わせた環境適応型標識検出器の構築に関する検討、" 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)、釧路市観光国際交流センター(北海道)、 2010年7月

内山寛之、出口大輔、高橋友和、井手一郎、村瀬洋、"複数車載カメラ映像の部分画像選択に基づく移動物体のない映像の生成、" 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)、釧路市観光国際交流センター(北海道)、 2010年7月

道満恵介、出口大輔、高橋友和、目加田慶人、井手一郎、村瀬洋、玉津幸政、"複数の画像特徴の統合による道路標識の視認性推定、" 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)、釧路市観光国際交流センター(北海道)、 2010年7月

野田雅文、高橋友和、出口大輔、井手一郎、村瀬洋、小島祥子、内藤貴志、"空撮画像と車載カメラ画像中の道路面の時系列照合による自車位置推定、" 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)、釧路市観光国際交流センター(北海道)、 2010年7月

浜田大輔、出口大輔、高橋友和、目加田慶人、井手一郎、村瀬洋、"走行シーンの知識を用いた車載カメラ映像中の歩行者検出、"画像センシングシンポジウム(SSII)、パシフィコ横浜(神奈川県)、 2010年6月

奥田 裕之、伊神 範光、三上 晃司、田崎 勇一、鈴木 達也、確率重み付きARXモデルに基づく追従行動モデルを用いたモデル予測型ブレーキアシストシステムの提案、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'10、北海道、2010年6月15-16日

原直、 北岡教英、 武田一哉、 音声対話システムの発話系列N-gramを用いた課題未達成対話のオンライン検出、 日本音響学会講論集、 1-Q-33、 (4 pages)、 大阪・関西大学、 2010年9月15日

加古 達也、 大石 康智、 亀岡 弘和、 永野秀尚、 柏野 邦夫、 武田 一哉、 相平面確率モデルを利用した歌唱・楽器演奏の基本周波数軌跡の分析、 日本音響学会 2010年秋季研究発表会講演論文集、 3-P-29、 pp.397-398、 大阪・関西大学、 2010年9月15日

加古 達也、 大石 康智、 亀岡 弘和、 永野秀尚、 柏野 邦夫、 武田 一哉、 合唱における歌声の基本周波数軌跡の分析、 日本音響学会 2011年春季研究発表会講演論文集、 1-Q-44(d)、 東京・早稲田大学、 2011年3月9-11日

伊藤新、 原直、 北岡教英、 武田一哉、 MLLR 変換行列に基づいた音響特徴量生成による音響モデル学習、 日本音響学会講演論文集、 2-P-4、 (4 pages)、  日本音響学会 2011年春季研究発表会講演論文集、 1-Q-44(d)、 東京・早稲田大学、 2011年3月9-11日

原直、 北岡教英、 武田一哉、 音声対話システムにおける発話・行動タグN-gramを用いた課題未達成対話の検出手法と分析、  日本音響学会講演論文集、 2-P-41、 (2 pages)、  日本音響学会 2011年春季研究発表会講演論文集、 1-Q-44(d)、 東京・早稲田大学、 2011年3月9-11日

大橋宏正、 原直、 北岡教英、 武田一哉、  雑談音声の認識に基づく楽曲連想再生システム、 日本音響学会講演論文集、 (2 pages)、  日本音響学会 2011年春季研究発表会講演論文集、 1-Q-44(d)、 東京・早稲田大学、 2011年3月9-11日

神谷泰平、 西野隆典、 武田一哉、 球形マイクロホンアレイを用いた時空間周波数解析による残響抑圧、 日本音響学会2010年秋季研究発表会、 2-P-20、 pp693-694、大阪・関西大学、 2010年9月15日

近藤多伸、 高橋祐、 橋本誠一、 西野隆典、 武田一哉、 低演算量ICA の瞬時ソフトマスクによる低域の性能改善、  日本音響学会2011年春季研究発表会、  1-Q-17、  799-800、  東京・早稲田大学、 2011年3月9-11日

神谷泰平、 江崎知、 西野隆典、 武田一哉、 球形マイクロホンアレイを用いた残響音声の回復、 日本音響学会2011年春季研究発表会、  1-Q-59、 pp857-858、  東京・早稲田大学、 2011年3月9-11日

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cms.uclab.jp/.cms/tb/114

コメント投稿フォーム





記憶する

論文・発表

バナー

  • Kashin-Free Symposium 2011年5月16日(月)13:30~
  • プレスリリース