ブログ

第3回 過信シンポジウム

  5月16日,名大VBL 3Fにおいて,第3回Kashin-freeシンDSCF3533.JPGポジウムが開催されました.本シンポジウムはCREST Kashin-freeプロジェクトの推進と成果報告を兼ね,昨年度から開催しているもので,3回目の今回は,筑波大学の稲垣先生,警察庁生活安全局の長塚様による招待講演,およびプロジェクトメンバーによる成果報告が行われました.

  稲垣先生のご講演では,「運転支援システムへの過信と依存:その似て非なるもの」と題して,支援システムへの依存がすべて悪として捉えるのではなく,事故につながる過度の依存状態を明らかにすることの重要性が示され,その概念的な整理と運転支援システムを例にしたお話をいただきました.お話の中で,「DSCF3487.JPG信頼の次元」(システムの能力が過大評価する際の根拠)と,「観測の機会」(システムの実際の動作を見る機会のあり方)という2つの視点から,過度の依存が定義されており,本プロジェクトにおけるテーマである「過信抑止」を考えていく上で,貴重なお話をいただけたと思います.

  また,長塚様のご講演では,「振り込め詐欺の現状と予防対策」と題して,オレオレ詐欺に代表される振り込め詐欺について,加害者の手口,被害者の置かれる状況,そして,防止に向けて実際にどのような対策が行われているのかについて,事例DSCF3493.JPGを交えて紹介していただきました.その中で,オレオレ詐欺において,まさに振り込みが行われようとしている現場で,警察が確認の電話として取り次いだ「実の息子」に対して,親が「偽者」だと断定してしまう(その後,実際に本人(息子)に現場に来てもらいやっと納得)という事例が特に印象的でした.human - human interaction における過信状態の一つとして考えられるオレオレ詐欺ですが,加害者の言いなりになる状況においても,他者を疑うという機能自体が停止しているわけではない事実は,これらの現象をモデル化していく上で示唆的な内容だったと思います.
DSCF3546.JPG

  本シンポジウムには上記の講演および研究報告に80余名の参加者を迎えて,盛況の内に終了しました.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cms.uclab.jp/.cms/tb/81

コメント投稿フォーム





記憶する