ブログ

国際会議 参加報告 [道満恵介]

6月21日~24日にカリフォルニア州立大学サンディエゴ校(USA)で開催された2010 IEEE Intelligent Vehicles Symposium(IV2010)で発表して参りました.
本会議における自身の研究発表は2件あり,21日のPh.D. Dissertation Forumで口頭発表,翌22日にポスター発表を行ないました.

Ph.D. Dissertation Forumでの発表タイトル:
   『Traffic Sign Detection and Recognition Toward Smart Driver Assistance』

ポスターセッションでの発表タイトル:
   『Estimation of Traffic Sign Visibility Toward Smart Driver Assistance』


Ph.D. Dissertation Forumは博士後期課程の学生を対象とした学生セッションで,本会議とは別に査読審査がありました.
発表者は,博士課程における研究のモチベーション,課題に対するアプローチ,期待する貢献に焦点を当てた発表を行い,当該分野における専門家達と今後の研究についてディスカッションを行なう時間が設けられています.
なお,参加者は様々な大学の博士学生計14名でした.
本セッションへの参加により,研究内容を対外的に宣伝できただけでなく,同年代の博士学生の研究テーマや研究状況等を身近に感じることができ,非常に貴重な体験をすることができました.

ポスターセッションにおける発表では,学生セッションでの発表内容よりもフォーカスを絞った内容になっており,より技術的なアプローチに関する議論を交わすことができました.
また,「前日の学生セッションを聞いて興味をもちました」と言って立ち寄ってくれた方が少なくなく,Ph.D. Dissertation Forumでの発表の効果は確実にあったと感じました.

今後は,今回の会議に参加して得られたコメントや指摘を踏まえ,さらに研究を進めていきたいと思います.
以上,参加報告でした.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cms.uclab.jp/.cms/tb/41

コメント投稿フォーム





記憶する